2016年05月08日

宮本常一を学びたい

16.5.8.jpg

 今、僕が最も学びたい人の一人が民俗学者 宮本常一である。宮本常一は柳田国男の影響を強く受けて民俗学者になっているが、その視野の広さは民俗学者の枠にとどまらない。そういった部分は柳田国男よりも南方熊楠の方が近いかもしれない。
 しかし、もちろん南方熊楠とも違う。宮本常一が残した文献は膨大だが、それでも書籍として発表されているのはその一部だという。僕は現時点はそのさわりの部分ですらも、知っているとは言い難い。ただ、今最も知るべき人物の一人であることは間違いない。
 さて、たくさんある入り口の中からどこを選ぶか。実はもう、それは決めているのだが、その詳細は後ほど。
posted by 坂本竜男 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 南方熊楠・民俗学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175218920

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ