2016年06月09日

忘れられた日本人

16.6.9.jpg

 宮本常一の名著を読む。いや、これはとても面白い。とても素晴らしく、そしてとても貴重なものだ。日本中をくまなく歩き、細かく見届けてきた宮本常一だから書けるものだろう。まさに忘れられていた大事なものが、この一冊にぎっしりと詰まっている。一家に一冊あるべき名著。
posted by 坂本竜男 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 南方熊楠・民俗学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175632842

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ