2016年08月16日

甘え

 インディーズながら書籍を出版するということは、どういう意味を持つだろう?それもフリーペーパーではなく、有料の書籍を。今、このことをずっと考えている。
 作りたいものがあるから作るわけだし、フリーペーパーはそれでもまだよかった。しかし有料はちょっと違う。お金を出して買ってもらうものなのだから、買う価値がなければいけない。たった一行でも心に刺さるものがあれば、その本は十分買う価値がある。僕はそんな本を生み出せるのだろうか。
 フリーペーパーは無料ゆえの、ある種の甘えがあるようにも感じている。だが、有料だとその甘えは通用しない。有料の本を世に出してこそ、出版と言えるのだ。
posted by 坂本竜男 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーズ出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176502912

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ