2016年10月31日

マインドフルネス

 マインドフルネスという言葉を最近、よく耳にするようになった。TVや雑誌などのメディアでもたびたび取り上げられている。なぜ、ここまで取り上げれるようになったのか。それは、その有効性を示す研究結果が次々に見つかっているためだ。
 その前に、マインドフルネスとは何か?実は僕も明確に把握しているわけではない。瞑想に近いものだが、瞑想ともちょっと違う。それらは五感で感じてからの、集中、気づき、覚醒、自覚ではないかと思う。仏教の教えにも通ずるものがある。いや、ひょっとすると仏教の教えそのものかもしれない。
 実は僕の周りに、すでにマインドフルネスを実践している人が少なからずおられる。それを踏まえた事を仕事にされている方もおられる。マインドフルネスは、これからの世の中で最も必要なことの一つなのかもしれないと、個人的には考えている。そういう意味では、それを実践されている方(意識されてない方もいらっしゃるが)に縁があることは大きな意味があると思う。世の中にとって必要なものが今、動き始めている気がする。
posted by 坂本竜男 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177487169

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ