2016年11月26日

小国お宝博覧会

16.11.251.jpg

16.11.252.jpg

 昨日は坂本善三美術館。今回の展示は小国お宝博覧会。小国町のみなさんのお宝の展示なのだが、ユニークなのは坂本善三の作品もその中に混ざるように展示されているのである。
 坂本善三も小国のお宝、ということなのだろう。小国町の皆さんのお宝は、ご自身は昔描かれた絵画だったり、貴重な古い写真だったり、勳章だったり、骨董品だったりと様々。それぞれに小国の方の思い入れやエピソードがあり、とても興味深い。そして、それらのお宝と坂本善三の作品が違和感なく並んでいる様もとてもユニークで面白い。ちょっと心がほっこりするような、いい展示だった。アートは身近なところにある。そういうことなのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177816449

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ