2017年01月10日

天皇陛下の譲位

 産経ニュースより以下抜粋。

 天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていることを受け、政府は、平成31(2019)年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った。国民生活への影響を最小限とするには元日の譲位が望ましいと判断した。譲位に伴う関連法案は、有識者会議の報告と衆参両院の論議を踏まえ、5月上旬にも国会に提出する見通し。譲位は「一代限り」として皇室典範改正は最小限にとどめる方向で検討を進める。

 あくまでも皇室典範改正というより、特例として扱い進めていくようだ。改正か特例か、どちらがいいのだろう?どちらにしても、どこまで天皇陛下のことを考えているのか。そっちのほうが重要だと思うのだけれど。
posted by 坂本竜男 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178349409

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ