2017年05月11日

シトロエン DS4を考える

35101524_201109.jpg

02_l.jpg

 次期愛車候補で、現時点ではルノー メガーヌエステートとシトロエン C4の2台が有力候補である。C4が候補になっているのなら、DS4が候補に上がってもいいのでは、と思う人も多いはずだ。だが、候補に入れてなかったのはSUV風クロスオーバーのスタイルが馴染めなかったのだ。
 しかし、ニッサン ジュークやホンダ ヴェゼル、マツダ CX-3といった、今売れている国産のクロスオーバーとはやはり違う。SUV風でありながらクーペ風でもあり、実際は5ドアハッチバックだ。国産の3台もデザインは頑張っている方だと思うが、そこはDS4の方がリードしているといっていい。
 今のDSラインはシトロエンから独立している。個人的には現行DS4よりもシトロエン時代のDS4の方が、デザインも好みだ。そして、中古車市場でも価格がかなりこなれ始めている。下手するとC4よりも安い。そこで改めて検証してみる気になったのだ。
 DS4はC4と比較すると、ちょっとだけ背が高く、ちょっとだけ幅が広く、ちょっとだけ短い。C4よりもエクステリアとインテリアの質感は上だ。エンジンは1.6リットルターボ。PSAやBMW、ミニで定評のあるエンジンだ。問題は組み合わされるトランスミッションだろう。初期の6EGSか、アイシン製6ATか(いまのところ200ps、6MTは考えていない)。6EGSはシングルクラッチだから、一般向けは6ATなんだろうが、僕の場合はどちらがいいか?こればかりは乗ってみないとわからない。
 クーペ風のスタイルでもあるから、後部座席もトランクも狭いと思いきや、後部座席は2人の大人だったら問題なさそう。大柄な人でない限り、大丈夫そうだ。それよりもウィンドウがはめ殺しなのが気になるところだ。トランクはC4よりは狭いが、それでも370リットルと優秀。個人的にはこれはポイントが高い。
 あとは信頼性だが、これも最近のヨーロッパ車ならあまり心配する必要はなさそう。ただ、車検の時、C4よりはパーツ代は高いかもしれない。
 どうも、DS4も候補に入れて良さそうだ。中古車市場も意外に低価格からあるのも魅力だ。ただ、マイナーなクルマであることには変わりないので、情報が少ないのが難点。まぁ、これは今に始まった話じゃないからいいか…。
posted by 坂本竜男 at 19:11| Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179713184

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ