2017年07月08日

三脚が欲しい2

 昨夜から、完全に三脚が欲しいモードになってしまって、ネットを中心に情報を収集している。今使っているベルボンより重くて大きくなっていいので、堅牢でフルサイズ一眼と200mm望遠レンズの組み合わせくらいまでは問題なく使えること。できれば300mmクラスも使えるとありがたい。そうなると、最大耐荷重は少なくとも6kgは欲しい。今のベルボンは、ハイポジションでの使用には不安が残る。それにローポジションでももっと低い位置で使いたい。価格は実売で3万円くらい。そして、できればデザインもいい方がいい。
 となると、必然的に浮かび上がってくるのはマンフロット。実績の高いイタリアのメーカーである。価格を考えるとアルミモデル。あとは190シリーズか、より堅牢な055シリーズだが、わずか数千円の差なのでやはり055シリーズだろう。で、最有力候補はこれ。
shasinyasan_8024221623291_1.jpeg
 MK055XPRO3-3W 055プロアルミニウム三脚3段+RC2付3ウェイ雲台キット。最大耐荷重8kgは心強い。本当は雲台と別々に購入する方がいいのだが、コスパを考えると雲台キットだろう。使って不満が出てきたら雲台だけ変えればいい。今すぐ必要ではないが、おそらく近いうちに導入することになりそうだ。
 で、それより先に必要なのが一眼レフで使えるコンパクト三脚。旅行先で重宝するのは間違いないし、仕事でも意外に出番は多くなりそうだ。ただ、一眼レフで使えるタイプはかなり限定されるが、これもマンフロットで決まり。
edioncom_8024221643640.jpeg
 PIXI EVO。これは使用者の写真付きレビューをいろいろ読むと、かなり優秀だ。最大耐荷重2.5kgだから、僕が普段使ってるキヤノン6Dと24-105mmf4の組み合わせ(約1.5kg)でも問題ない。実売4,000〜5,000円でこの内容なら文句ない。こっちが先になるかも。
posted by 坂本竜男 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180279503

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ