2017年08月20日

一脚導入!

17.8.201.jpg

17.8.202.jpg

 三脚に続いて今度は一脚。人物のロケーション撮影は三脚よりも一脚の方が便利。スポーツなどの撮影にも使える。という琴で、導入したのはベルボンのMUP-4。自由雲台PH-163HAつき。中古である。
 とっくにカタログ落ちしている、ちょっと古いモデルだが、これがかなりいい。今の主流はカーボン製で多段化したもの(6段くらい)。確かに軽くて、たたむとコンパクトだ。一方、このMUP-4はアルミ製で径は32mm。しかも4段だから、太くて堅牢。しっかり感がハンパではない。もちろん、そのぶん重くはなるが、それでも雲台込みで1.2kgほど。三脚を思えば軽い。今後、大いに活躍してくれそうだ。
 問題があるとすれば雲台。縦位置での撮影が多いだろうから、今のままでは少々使いにくい。将来的にはL字型クイックリリースプレートと、アルカスイス互換クランプ(あるいはアルカスイス互換自由雲台)は必須だろう。
posted by 坂本竜男 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180714170

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ