2017年10月27日

1ヶ月ぶりのロードバイク

 今日、久しぶりにちょっとだけロードバイクに乗った。1ヶ月ぶりである。
 ロードバイクに乗り出してから(正確にはクロスバイクのときから)、ここまで乗らなくなったのは初めてではないだろうか。ちょっと前までは、乗れてないときでも月に300kmくらいは走っていたものだ。しかし、今年の夏くらいから走行距離は激減。先月はわずが12km。初めてのことである。
 で、1ヶ月ぶりに15kmほどだがロードバイクで走ることができたのだが、久しぶりなので不思議な感覚だった。
 まず、ちょっとした恐怖心があった。走ることそのものには恐怖心はないのだが、交通量が多い道路を走るときに今まで以上の恐怖心を感じた。
 体力的にはどうか?今日は風があったので分かりにくい部分はあるが、走りそのものはほぼ変わっていない気はする。だが、側溝の溝にタイヤが挟まり、バランスを崩して転びそうになったのだが、意外に持ちこたえることができた。以前ならコケていたはずである。これはピラティスを行っていることが関係しているかもしれない。向かい風はさすがに辛かったが、思ったよりも良いペースで走れた気はする。これもピラティス効果だろうか?たった15kmだからなんとも言えないが。次はもう少しまとまった距離を走ってみなければ。
posted by 坂本竜男 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181407083

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ