2018年04月16日

タムロン19AHをテストする2

 タムロン19AHのテスト。次は同じく望遠側でカメラとの距離は3.6m。ISOはオート。SSは1/160秒。画像はトリミングしている。

18.4.167.jpg
絞り開放(F3.5)。ピントはツノの先端あたり。今度は先ほどとは大違い。キレもあるし、解像している部分とボケのバランスも悪くない。だが、ピンからはずれるとディテールは甘め。

18.4.168.jpg
F5.6。胴体のディテールがかなり出てきた。

18.4.169.jpg
F6.3。さらにディテールがしっかり。

18.4.1610.jpg
F8。解像度は上がってはいるが、意外にその度合いは少なめ。

18.4.1612.jpg
F11。傾向は同じ。ジワジワと解像度が上がっている。

 やはり距離がある方が、望遠側でも絞り開放からキレがある。F5.6くらいからのバランスが良い感じだが、開放でも悪くない。例えば、少し離れた距離から人物の全身を撮る場合などは、絞り開放でも十分にイケそうだ。
 いつものようにざっくりしたテストだが、それでもレンズの傾向はある程度つかめる。時間があるときに広角側と、よく使うであろう100mmから150mmあたりもテストしてみたい。
posted by 坂本竜男 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183000232

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ