2018年04月16日

タムロン19AHをテストする(おまけ)

 タムロン19AHのテストのおまけ。望遠側で近距離(約90cm)のタンポポを狙う。手持ちなので、構図が違うのはご容赦。

18.4.1613.jpg
 絞り開放。さすがにソフトだが、この表現もまた良し。花や人物ではプラスに働くことも少なくないはず。

18.4.1614.jpg
 絞りF11。さすがにシャープ。なかなかの解像度だ。望遠だけあって、F11でも結構ボケる。これも良い。

 タムロン19AHは、今の基準でも十分な実力を持ったMF望遠ズームだと言える。現行モデルでこの焦点距離のレンズは、最短でも95cmまでしか寄れない。それが85cmまで寄れることは本当に大きな強みだ。
 そうなってくると、タムロンで初めて「SP」がついた同じ焦点距離のレンズ、SP 70-210mm F/3.5-4(52A)はさらに最短撮影距離が短くわずか75cm。19AHよりさらに10cm短い。それに、最大撮影倍率:1:2というのも魅力だ。大いに気になるところだが、どうも19AHより画質は劣るようだ。だが、デザインも良いし、気になる存在ではある。必要性はほぼないだろうけどね。
posted by 坂本竜男 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183000392

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ