2018年06月05日

実は難産

 エゴイスタス Vol.28もいよいよ最終段階。すべてのデザインが終了し、最終チェックの真っ最中。現時点での結果だけ見ると、極めて順調のように見えるが、今回は実はかなりの難産だった。
 毎回毎回、執筆者の方たちのページは、大きな苦労をすることなく校了している。それは原稿が明確だからだと思う。思いが明確に伝わるからカタチにしやすい。エゴイスタスはまさに執筆者の方たちに支えられているのだ。
 難産だったのは自分の原稿である。自分の原稿は前もって準備しておくこともあるが、大抵は他のページを手がけながらの執筆・デザインとなる。他の方たちの原稿を見た後で自分の原稿を書くというのは、良いようでなかなか難しいことだ。ときには重いプレッシャーにもなりかねない。今回はそのプレッシャーと、他のいろいろな要素が絡み合って、自分としてはかなり苦労した気がする。
 それも今日で終わり。あと少しで入稿だ。そうしたら、美味しいビールが待っている。
posted by 坂本竜男 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183432074

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ