2018年06月07日

シャッター耐久回数

 デジタル一眼レフのシャッターには寿命がある。上級機になるほどシャッターの寿命は長い。僕の愛機である6Dは、メーカーが公表している寿命は10万回。ちなみに5Dmk IVは15万回、1D X mk IIは40万回である。
 この数値は決してシャッター寿命を保証するものではなく、あくまでもテストをクリアしたというだけらしい。だから、もっと早く寿命が来る場合もあるし、その逆もある。
 僕の6Dも購入してから4年。かなり使い込んでいるので、メーカー公表値くらいはいってそうだ。メーカーに持ち込むと、シャッター回数を調べてくれるが、確認するまでもなく、寿命が近いのは間違いない。
 寿命が来た際のシャッターユニットの交換は、電子ダイヤルの交換も含めて約4万円。キヤノンフォトサークル会員なら割引で約3万円。シャッターユニットの交換をするべきか、いっそ6D mk IIか5D mk IVを導入するか悩むところだ。
 どちらにしてもカメラは2台体制が望ましいので、まず6D mk IIか5D mk IVを購入し、6Dのシャッターの寿命が来てからシャッターユニットを交換するのがベターだとは思っている。ただ、問題はある。まず、6D mk IIか5D mk IVのどちらを購入すべきか?そもそもその予算をどこから捻出するか?悩ましい話である。でも、近いうちに結論は出さないといけない。仕事により励むしかないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183450746

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ