2018年07月08日

改めて天領日田洋酒博物館を堪能する

18.7.7-2.jpg

18.7.7-3.jpg

18.7.7-4.jpg

18.7.7-5.jpg

18.7.7-6.jpg

18.7.7-7.jpg

18.7.7-8.jpg

 定期的に訪れている天領日田洋酒博物館。いつもはお酒と会話を楽しんで終わるのだが、今回は初めて訪れる友人も一緒だったので、博物館を改めてじっくりと見学。
 この博物館の顔であるニッカウイスキーのポットスチル。珍しいウイスキーや数多くの種類があるノベルティ。ポスターやカレンダー等の印刷物など、改めてそのコレクションの数と質の高さに驚かされる。そして、再認識したのがウイスキーのノベルティやラベルなどのデザインの質の高さ。何十年も前のものも多いのに、いずれも古くならず輝きを放っている。これらを眺めているだけでも刺激を受けるし勉強にもなる。

18.7.7-9.jpg

 もちろん、博物館の見学だけで終わるはずもなく、あとは楽しくお酒を…。ニッカウイスキーのハイボールはサントリーの角ハイボールよりも断然好み。この空間で飲む一杯は最高です。
posted by 坂本竜男 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183778164

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ