2018年07月13日

キヤノン EOS M100について考える

J0000025458.jpg

 実は最近、キヤノン ミラーレスのエントリーモデルであるEOS M100が気になっている。今年デビューした、エントリーモデルでありながら上位モデルをも超える性能を持ったEOS kiss M もかなり良いが、kiss Mの登場で存在感が薄くなったM100も密かに良いなと思っているのである。
 では、なぜ気になっているのか?6Dのサブとしての使用を考えているわけではない。一眼を持ち出すまでもないが、ちょっと画質の良いカメラが欲しい時。荷物は極力減らしたいが、カメラは必要な時。そんなときにぴったりだと思ったのである。
 そんなとき、多くの人はスマホで対応するのだろうけど、僕は携帯はガラケーで十分。となると、本来ならコンデジだ。しかし、普段からフルサイズ一眼の画質に慣れていると、安いコンデジの画質は納得がいかない。PowerShot G1 X Mark IIIのような、画質の良いコンデジは一部の一眼よりも高価だ。なんと、現時点で最安値でも10万円近い。一方、M100はレンズキットで5万円台。半値に近いのだ。しかもAPS-Cサイズで画質は上位モデルとほぼ同等。圧倒的にコスパが高いのである。
 もちろん使い勝手は初心者向け。普段一眼を使っている人は物足りないと思う。しかし、写りはかなり良いし、マウントアダプターを使えば、今所有しているレンズはもちろん、6Dでは使えなかったオールドレンズも使えてしまう。質が高いのに安く遊べていいな〜と思っているのだ。とりあえずコンデジの代わりに買うのもアリではないか、と思っているのである。
 だが、そのお金があれば別の機材に投資できる。やはり、仕事での必要性が高くないと、安くても導入までは難しいか…。でも、意外に使える可能性も…。もう少し、検証しなければ。
posted by 坂本竜男 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183852465

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ