2018年08月10日

Tohka

18.8.106.jpg

18.8.107.jpg

18.8.108.jpg

18.8.109.jpg

 やっと行けた、大分市のTohkaさん。名前のとおり、毎月1〜10日と月10日の営業である。
 毎月、違う作家さんが展示をされているだけでなく、ほかにもつながりのある作家さんの展示があり、またランチやカフェとしても楽しめる。こんな空間が(お店・ギャラリー)があれば…と個人的に思っていたものが、具体化した場所といってもいいかもしれない。
 ゆったりしたリラックスムードあふれる空間なのだが、何気に作家さんたちの常設展示が魅力的だ。とくに、帽子、ニットは、今まであるようでなかったものではないかという気がする。ぴったりくるものというのは、意外に少ない。大抵はその製品(作品)の主張が妙に強すぎて、身につける人の個性が失われてしまうことも多々ある。だが、Tohkaさんにあるものは、その真逆と言っていい。でも、個性や主張はしっかりとしたものがある。作家さんのお人柄なのだろうか。「人」をとても大事にされているに違いない。
 これはとても大事なことだ。僕自身、自分の仕事を振り返って、自分はどうなのだろう?と考えてしまった。Tokaさんは、一番大事にしなければいけないものを、本当に大事されているのだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184138962

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ