2018年08月15日

紙媒体の必要性

 ここ数年、Webのあり方が変わってきているように感じる。何でもかんでも、ギッチリとホームページに記載するというより、さわりの部分、入り口の部分を提示することを重視しているところが増えているように感じる。
 これは、SNSもひと段落し、リアリティを求める傾向が強まってきたからではないかと思っている。Webで知った気、行った気、体験した気になってもらうよりも、直接問い合わせをしてほしい、足を運んでほしいということだろう。
 そこで、意外に必要性が出てきているのが紙媒体だと考えている。Webはバーチャル感がある程度あることが多いのに対し、紙媒体にはそれは少ない。それに、Webで見るよりも紙で見る方が頭に入りやすいという声もよく耳にする。これは年齢的なものも多少はあるかもしれないが、若い人からもそういったことを聞くので、ある程度広い範囲で言えることなのかもしれない。個人的にも紙媒体の方が、より楽しい。
 ネットの普及でペーパーレス化が進むと言われたが、実際はその逆だった。紙媒体の出番はまだまだ多い。
posted by 坂本竜男 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184175337

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ