2018年10月09日

明るいレンズはいいね

 相変わらずEF50mm F1.4 USMがつけっぱなしである。最近のブログやインスタの写真は、全部このレンズで撮ったものだ。
 このレンズが常用レンズになっているのは、50mmという画角の使いやすさと、軽いレンズゆえの身軽さ、手軽さもあるが、やはり画質がいいのが一番の理由だろう。
 やや持て余す部分はあるが、F1.4という明るさは何よりの武器になる。シャッタースピードは稼げるし、ボケのコントロールの幅も大きい。絞り開放では近くのものを写すほど甘くなるなるが、一段絞るだけで解像度が一気に高まる。ピンがきているところはシャープに。ボケはやわらかくなめらか。質感も立体感も良い。一段絞ってもF2.0の明るさだ。やはり明るいレンズは良い。
 これに近い明るさをズームで実現しようとすると、とんでもなく高価でしかも大きく重くなる。それが単焦点だと軽くてコンパクトだ。あとは35mmと28mmあたりがあれば……。
posted by 坂本竜男 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184634187

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ