2018年10月11日

湯布院のプロジェクトについて

 来春、湯布院でスタート予定のプロジェクトのキーワードは、民芸、工芸、竹久夢二、手による産業美術、デザイン、クラフト。これにエゴイスタスが大きく関わる。
 この話は一部の人たちにはお伝えしているが、まだまだ人が足りない。もっともっと色々な人たちに会い続けなければならない。時間はあるようで、おそらく全然足りない。しばらくは普段の業務を続けながら、今まで以上にあちこちを飛び回らなければならないようだ。
posted by 坂本竜男 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184662409

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ