2018年10月28日

東京バロックプレイヤーズ2018 トリオソナタ

18.10.2812.jpg

 今日のメインイベントは、おりなす八女で「東京バロックプレイヤーズ2018 トリオソナタ」。フルーティスト上野星矢さん率いる気鋭のバロック音楽演奏集団である。
 まだまだピアノがなく、その代わりにチェンバロ。ヴァイオリンやチェロの弦も鉄弦ではなく豚の腸という時代の音楽である。もちろん、音量は小さめだし、調律も狂いやすくデリケートだ。
 しかし、その響きは美しく、うっとりしてしまう。聴き慣れた音楽も違う印象だが、それもまた素晴らしい。すっかり聴き惚れて気持ち良くなってしまい、2時間ほどのコンサートはあっという間だった。このメンバーで早くCD出して欲しいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184795745

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ