2019年02月11日

トヨタ 新型スープラ

01-1.jpg

 トヨタ スープラが17年ぶりに復活した。BMW 新型Z4とプラットフォームを共有する。
 デザインは最近のトヨタの流れとはちょっと違う。このマッチョなボリュウム感は好みが分かれるだろう。個人的にはほかのトヨタ車よりはいいかな、と思う。しかし、好みというわけでもないが…。
 エンジンは3リットルターボ(340ps)と2リットルターボが2種類(258psと197ps)。意外に控えめなスペックだが、逆にピュアスポーツとしてはバランスが良さそう。ただ、MTが設定されてないのは残念だ。
 気になるのは86にしてもそうだが、トヨタは自社単独でスポーツカーを作らなくなってしまったように見えることだ。確かに採算ベースなど考えると、スポーツカーはかなり難しい。とは言え、スポーツカーはやはりクルマの花。そこは自社単独で作ってもらいたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185538734

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ