2019年02月12日

ドルドーニュ美術館で癒される

19.2.128.jpg

 つづいて、末田美術館から歩いてすぐにあるドルドーニュ美術館。ここも大分県のアートの要の一つ。湯布院に来る時は、ほぼ毎回訪れる美術館だ。
 宇治山哲平を筆頭とする大分出身の世界的画家から、世間ではまだ知られていない地元出身の作家まで幅広く展示されている。時に美術館は研ぎ澄まされた緊張感があったりするものだが、ここは一味違う。古民家を美術館にしてあることもあり、独特のやわらかな空気感がある。僕はそれにいつも癒されるのだ。
posted by 坂本竜男 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185543295

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ