2019年02月22日

トキナー opera 50mm F1.4 FF

 先日、タムロンが50mm F1.4単焦点レンズの開発を発表したばかりだが、価格は高くなったが画質の良いサードパーティ製レンズが当たり前になってきている。その走りといっても良いのがシグマのArtラインシリーズだが、それ以外にも気になる50mm単焦点レンズが昨年リリースされている。

opera50mm_nikonf.jpg

 トキナー opera 50mm F1.4 FFである。トキナーの新シリーズであるoperaは、高画質を謳ったシリーズ。その第一弾がこのレンズなのだ。
 最近のタムロンにも似たシンプルなデザイン。悪いデザインではないが、後発としては少しトキナーらしいところが出ても良かったかな、と思う。
 作例を見る限り、画質はかなり良い。解像度も高いが、それ優先という感じでもなく、やわらかさもあり階調も豊か。立体感もしっかり。なかなかの表現力だ。防塵防滴仕様でフィルター径が72mmとシグマよりも小さいのも良い。
 気になるのは重量が950gと重いこと。シグマよりも135gも重い。性能を求めるとどうしても重くなるのは仕方がないことではあるのだが……。
posted by 坂本竜男 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185595851

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ