2019年04月16日

キャプションと説明パネル

 美術館などでも感じることだが、作品のキャプションや解説パネルというのは、必要だがときに邪魔になるものでもある。解説を読むのに夢中になって、肝心の作品をちゃんと見れてない、なんてことはよくある話だ。それに、商品の横の解説パネルが商品の良さを損なう場合もある。
 それらを踏まえてキャプションと解説パネルをどうするか。展示する工芸品=作品をじっくりと見ていただきながら、その背景をどう説明するのか。
 今、頭の中にひとつアイデアがある。これは、ひょっとすると不便でわかりにくくする可能性もあるが、うまくいけば作品を際立たせ、見る・感じるという段階を経て背景を理解していただけるはずだ。
posted by 坂本竜男 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆふいん 夢二工芸館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185870636

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ