2019年05月19日

今春の田崎廣助美術館

19.5.186.jpg

 昨日、打ち合わせとコンサートの間に時間があったので、一年ぶりに八女市 田崎廣助美術館へ。
 八女市 田崎廣助美術館は、軽井沢の田崎廣助美術館と連動しているので、冬と春に展示替えがある。今回も初めての展示と思われる作品がいくつかあった。
 田崎廣助と言えば、すぐに思い浮かべるのは山の風景画だ。阿蘇や桜島は重要なモチーフの一つで、僕も大好きな絵だ。今回の展示でも素晴らしい作品がいくつも展示されていた。
 しかし、今回一番個人的に印象に残ったのは、意外にも静物画だった。陰影こそつけているものの、比較的平面的に描いているはずなのに、不思議な空気感をまとっている。妙に存在感があるのである。素晴らしい!
 八女市 田崎廣助美術館は、決して規模は大きくないものの、展示されている作品はいずれも素晴らしいものばかりだ。しかも入場料は無料である。だが、関心がないのか知られてないのか、訪れる人はまだまだ少ない。もっと多くの人に来てもらいたい美術館だ。
posted by 坂本竜男 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186019071

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ