2019年06月25日

殿方皆殺し

 嘉穂劇場に展示されていた昔のポスターが見ごたえがあった。当時のポスターは、フォント(=レタリング)ひとつとっても手書きながら凝っており、内容が伝わってくるようなデザインだ。

19.6.2415.jpg

 その中でも一番インパクトがあったのがこれ。「殿方皆殺し」のフレーズにやられた!こんなポスター(と演目)、当時は問題なかったんだ〜という驚き。そして、写真よりも訴求力のある絵。タイトルもキャッチコピーもすごい。昔の方が、「文化」として捉える幅が広かったのではないだろうか?そう思わせるデザインだ。自由になっているようで、今の方が制約が多いのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186187173

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ