2019年09月11日

ルミックス G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.レビュー

19.9.116.jpg

 ルミックスDMC-GX8を導入して、一ヶ月以上が過ぎた。キヤノンやペンタックスのオールドレンズを試したりはしていたが、基本的にメインのレンズは同時に導入したルミックスG X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.(長いので、以下PZ45-175mm)である。
 このレンズは名前のとおり、F4.0-5.6と決して明るいレンズではない。しかも35mm換算で90-350mmの望遠ズームとは思えない小ささだ。重量はわずか210g。フルサイズをメインに使っている身としては、なんとも心もとない感じである。実際、価格もかなり安いし。だが、この安価なズームレンズに驚いているのである。
 このレンズは電動ズームがついている。僕自身は使うことは滅多にないが、動画には有効な機能だ。
 AFはスムーズで速い。インナーフォーカスなので、ズーミングのときに全長が変わらないのも良い。価格は安いのにナノサーフェスコーティングが施された贅沢仕様。その恩恵を受けて逆光に強く、フレアやゴーストもかなり少ない。
 90-350mm望遠なのに90cmまで寄れる。望遠側ではマクロ的な撮影も可能だ。これはかなり便利。
 そして画質。望遠の割にボケが少ないのは、暗いレンズだしセンサーも小さいからしょうがない。しかし、被写体との距離感と背景を考えればしっかりボケるし、そのボケもなめらかだ。だが、背景によってはうるさくなるので要注意。
 広角側は絞り開放から解像度も高く、描写はかなり良い。マイクロフォーサーズのレンズらしいカッチリした感はあるが、カリカリになりすぎず良い塩梅だ。望遠側は絞り開放では若干甘いが、使えない画質ではない。少し絞れば十分だ。ただ、遠景になればなるほど解像度が落ちる。逆に近くは絞り開放でも結構いける。
 基本的には、定価5万円強のズームレンズとは思えない写りだ。この画質で、しかも軽量コンパクト。おまけに結構寄れる。これが何を意味するのか。実はオールドレンズを除くと、マイクロフォーサーズマウントのレンズはこの一本しか持っていない。しかし、この一本で結構いろいろ撮れてしまっているのだ。まるで標準ズームのように使っているのである。
 もちろん物理的にムリなことはたくさんある。しかし、軽量コンパクトゆえに持ち出すのも積極的になれるし、アングルをいろいろと工夫したり、被写体からの距離を取るために動いたりするのがあまり苦にならない。すると、このレンズの可能性が広がっていくのである。これは、おそらくPZ45-175mmに限ったことではない。マイクロフォーサーズの醍醐味ではないだろうか。
posted by 坂本竜男 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186544931

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ