2019年09月18日

オールドレンズで超望遠を考える

 オールドレンズは一般的には標準域を中心とした単焦点レンズが人気がある。写りも良いものが多いし、価格も手頃なものが多い。ズームレンズは一部を除いて人気がないし、当然多くは単焦点よりも画質は劣る。
 一方、望遠の単焦点はというと、これも全般的には単焦点ほどは人気がない。写りも標準よりも劣るものが多いし、大抵は最短撮影距離がかなり長くて使いづらいのだ。中望遠も含めて、望遠のオールドレンズは手を出す人が少ないし、情報も決して多くないのだ。
 それなのに、今僕は望遠のオールドレンズの導入を目論んでいる。しかも、300mmクラスである。
 300mmのマニュアルレンズは、多くは写りに問題がある。しかし、その中で写りもオールドとは思えないクォリティで、AFや手振れ補正がないおかげで、今のレンズよりも軽量なものがいくつかあるのだ。
 具体的には、以下の3本である。
・キヤノン NewFD300mm F4L
・ニコン Ai-S NIKKOR 300/4.5 IF-ED
・オリンパス ZUIKO AUTO-T 300mm F4.5
いずれも作例を見る限り、オールドレンズとは思えない描写を見せる。しかも、重量は1kg前後。キヤノンEF300mm F4L IS USMよりも200g近くも軽い。
 個人的には、この3本ならキヤノンを選びたいところだが、さすがにLレンズ。高価である。オリンパスは比較的安価だが、最短撮影距離は3本の中で一番長い3.5m。その点、ニコンは2.5mと一番短く、しかも990gと一番軽量である。そこで、ニコンを本命に300mmマニュアルレンズを探している。
 では、このレンズをどう使うのか?実はルミックスGX8で使おうという魂胆なのだ。
 ニコン Ai-S NIKKOR 300/4.5 IF-EDも、当時の300mmクラスでは一番寄れるとはいえ、今のレンズと比べるとまだまだ寄れない。EF300mm F4L IS USMなら1.5mまで寄れる。しかし、GX8で使えば600mm相当になる。600mm単焦点として考えると、かなり魅力的なスペックになる。現行のキヤノンEF600mm F4L IS III USMは、撮影最短距離は4.2m。重量は3,050g。価格は182万(税別)。寄れない上に大きく重く、遥かに高価だ。ボケ量は半分になるし、画質は流石に及ばないが、それでもそれを上回るメリットがたくさんあるわけだ。
 ニコン Ai-S NIKKOR 300/4.5 IF-EDは比較的価格も手頃だし、すぐにでも導入したいところだが、もちろん新品で購入はできない。良い出会いをのんびりと待つとするか。
posted by 坂本竜男 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186576619

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ