2019年10月09日

UniqBall UBH 35 ballhead

excellentstore-jp_1000208183.jpeg
 ジッツオGT2532に組み合わせる雲台をいろいろ探していたら、こんな雲台が目に止まった。UniqBall UBH 35 ballhead。ハンガリーの、文字通りユニークな雲台である。
 ユニークなのはデザインだけではない。自由雲台のボール部分が二重になっており、それぞれが別に固定できる。外側の赤い大きなボールで水平を取り固定すると、内側の黒いボールはチルトとパン方向しか動かなくなる。つまり、常に水平を保ちながらチルトしたりパンしたりできるのである。
 レビューを見る限り、操作性も固定力も悪くなさそう。簡易ジンバルヘッド的な使い方ができるので、野鳥などを撮る人にも良さそうだが、個人的には風景を撮るのに適しているように思う。
 一方、自由雲台としては内側の赤いボールは固定し、外側の黒いボールをメインに使うことになるが、その際にフリクションがかからないらしい(黒いボールはフリクションがかかる)。そういう意味では、少し特殊な雲台と言っていいだろう。
 ちなみに国内での価格はかなり高い(7〜8万くらい)。ジンバルよりもかなりコンパクトなのに水平をキープしながらパンとチルトができるので、個人的には2〜3万くらいだったら試してみたい気はあるのだが…。
posted by 坂本竜男 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186663282

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ