2019年10月15日

LAOWA 7.5mm F2 MFTが気になる

001.jpg

 エブリデイスリング5Lに収まるシステムを考えた時に、超広角レンズで候補にあげたLAOWA(ラオワ) 7.5mm F2 MFT。実は調べれば調べるほど、このレンズのことが気になってきたのである。
 ラオワは、ちょっとユニークで意欲的な製品展開をしている、いま要注目の中国のレンズメーカーだ。このレンズは35mm換算で15mmの単焦点レンズ。F2という明るさを誇り、しかもびっくりするくらい軽量(170g)コンパクト。このクラスの超広角は出目金レンズが多いのだが、そうではなく普通にフィルターが使えるのも大きなメリットだ。絞り開放から中央の解像度が高く、最短撮影距離は12cmと圧倒的に寄れる。
 一方、マニュアルフォーカスであること、絞り開放では周辺光量がかなり低下すること、しかも周辺部の解像度はそれなりに落ちることは、デメリットになる。絞ればある程度改善するが、隅々まで高解像度を求める用途にはあまり向いていないようだ。
 しかし、それらのデメリットはそこまで大きなものではない。マニュアルフォーカスも、F5.6くらいまで絞って無限遠で撮影すれば、パンフォーカスで大抵はちゃんと撮れてしまう。それにこのコンパクトさとマクロ並みに寄れることは、ほかのレンズにはない大きな魅力だろう。小さいのでバッグに忍ばせておいても邪魔にならない。これは悩ましいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186686300

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ