2019年11月07日

GX8の互換バッテリーについて

19.11.71.jpg

 GX8のバッテリーの保ちは正直なところ良くない。6D mark IIと比べると、半分以下である。おそらく1/3くらいではないだろうか。そこで、当然予備のバッテリーが必要になる。だが、純正バッテリーは高価だ。そこで互換バッテリーを使用している。
 そのバッテリーはシグマBP-51。純正DMW-BLC12の互換バッテリーで、ルミックスではG8などにも使えるものだ。価格は純正の約1/3。それでいてネットでの評判も上々。もともとGX8はサブとして使用するつもりだったので、互換でも十分と判断し、導入したのである。
 導入して3ヶ月弱。実は全く不満なく使えている。互換バッテリーの保ちは大抵の場合、買ったばかりの時で純正の7割程度。使っていくうちに保ちが悪くなり、半年もすると半分くらいまで下がる。場合によってはもっと持たなくなるケースも少なくない。
 シグマBP-51の場合、バッテリーの保ちはほぼ純正と同じである。3ヶ月近く経った今でも、それに変わりはない。さすがシグマである。ほかの互換バッテリーよりは高価だが、それでも純正の1/3。この保ちの良さを考えるとコスパはかなり高い。DMW-BLC12の互換バッテリーとしては一番のお勧めである。
posted by 坂本竜男 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186776820

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ