2019年11月24日

宮本笑里リサイタル

19.11.241.jpg

 今日は、おりなす八女で宮本笑里リサイタル。生で聴くのは初めて。比較的メディアへの露出も多いし、TVを通しての演奏は聴いたことがあったが、今回のコンサートはいい意味で裏切られた。
 聴き心地がいい優しい音を想像していたが、聴き心地がいいのは確かだが、やさしいだけでなく力強い。それに独特のコシの強さというか、粘りのようなものを感じる。これはちょっと意外だった。そして、クラシック以上にタンゴやルーマニア民族舞曲が印象に残ったのも彼女の個性だったのかも。
posted by 坂本竜男 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186840564

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ