2020年01月29日

TS-E24mm F3.5Lで遊ぶ

20.1.291.jpg

 もともとは建築系の写真を撮るために導入したティルトシフトレンズTS-E24mm F3.5L。今は全くといっていいほど出番がない。さすがにもったいない話なので、練習も兼ねて試し撮りをしてみた。被写体は我が家の多肉植物。撮り方はブツ撮りに近いが、このレンズの特徴をうまく生かすことができれば、ほかにも出番はあるはずだ。

20.1.292.jpg
 シフトのみ使用。

20.1.293.jpg
 同じくシフトのみ。ピントを奥の火祭り(赤い多肉)に合わせる。

20.1.294.jpg
 今度はティルトのみ。ピントが合う面を上下に広げる。

 ちなみに全て絞り開放。最後の撮り方はブツ撮りには有効。絞ればコース料理やたくさんの製品の集合写真に適している。だけど、それなら45mmや90mmの方がいいかな?
 正直、まだまだTS-E24mm F3.5Lは使いこなせていない。ただ、僕の場合は24mmよりも45mmや90mmの方が使い勝手がいいかも。そうなると、近々発表されるかもしれないLAOWAのシフトレンズは要注目だな。
posted by 坂本竜男 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187096996

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ