2020年01月31日

マイクロニッコール 55mm F3.5 PオートをGX8で試す

 ニコンFマウント→マイクロフォーサーズ マウントアダプターが届いたので、早速マイクロニッコール55mm F3,5 PオートをGX8で試してみた。

20.1.311.jpg
 装着した感じは、なかなかカッコいい。レンジファインダータイプはオールドレンズはよく似合う。

20.1.312.jpg
 F3.5。ピントはヒゲのあたり。もっと絞ったらよかったかな?

20.1.313.jpg
 同じくF3.5。これは良いのでは?

20.1.314.jpg
 F8。見事な表現。本当にオールドレンズなのか?

20.1.315.jpg
 F8。シャープなのにボケはなめらか。良い描写だ。

20.1.316.jpg
 F8。キレッキレなのにやわらかい。素晴らしい!

 わずかな時間での試し撮りだったが、結果は想像を超えるものだった。このレンズのどこがオールドレンズなのだろう?という写りの良さだ。マイクロフォーサーズで使うことで、本来のわずかな欠点もなくなり、まるで最新のレンズのような洗練された写りを見せてくれた。絞り開放でも十分シャープだが、F8まで絞るとさらにキレが良くなる。もっともっと使い込みたいレンズだ。
 マイクロニッコール55mmは何種類もあるが、今も製造販売されているF2.8の系列と、その前の世代のF3.5世代がある。調べてみたら、F3.5の方がシャープでキレが良いらしい。これはF2.8も欲しくなってきたな。
posted by 坂本竜男 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187104448

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ