2020年02月12日

オリンパス OM-D E-M1 Mark III 発表

13.jpg

 オリンパスのOM-D E-M1 Mark IIIがついに発表された。2月28日より発売が開始される。
 一番のトピックは新画像処理エンジン「TruePic IX」。画素数こそ変わらないものの、高感度時でもノイズが少なく、周辺までゆがみの少ない高画質を実現しているらしい。もともと強力だった手ぶれ補正も世界最高の7.5段とさらに強化。新開発の「星空AF」や進化した「顔優先/瞳優先AF」など、高速・高精度なAFシステムや、スローシャッター効果が得られる「ライブND」、「5000万画素手持ちハイレゾショット」搭載など、Mark IIから確実に進化している印象だ。
 予想される販売価格は、ボディで20万円、12-40mm F2.8 PROとのキットで26万円ほど。個人的にもとても気になるモデルだけに、実機に触れるのが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187152211

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ