2020年02月27日

久しぶりに6D mark IIを持ち出す

20.2.264.jpg

 今日は撮影が二件。最近はGX8だけで済むことが多いが、今回は6D mark IIと2台体制。6D mark IIを持ち出すのは久しぶりだ。
 今回は、標準に近い画角で背景をある程度大き目にぼかす必要があった。こんな時はフルサイズとF2.8標準ズーム、そして三脚があれば撮影は極めてスムーズだ。マイクロフォーサーズにはフルサイズのF2.8標準ズームと同等のボケを得れる標準ズームはない。僕がマイクロフォーサーズに完全に移行しない理由の一つでもある。
 ただ、マイクロフォーサーズの明るい単焦点レンズが数本あれば、ある程度対応できることではある。だから、やっぱり6D mark IIがなきゃだめだな〜とはならないところがあるのだ。
 今のところ6D mark IIを手放すつもりはないが、マイクロフォーサーズのF1.4クラスの単焦点レンズが揃ってきたら、いよいよフルサイズの必要性はなくなってくるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187208679

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ