2020年03月11日

震災から9年

 今日で東日本大震災から9年。改めてメディアでも震災のこと、その後の東北、今の東北のことが報道されているが、まだまだ復興は終わっていないことを思い知らされる。
 僕は福岡と熊本の地震で大きな揺れの経験はあるものの、大きな災害の被害にあったことはない。どんなに僕が想像力を膨らませても、実際に災害にあった方たちの気持ちは分かり得ない。おそらく、想像を絶するものがあったのだろうと思う。
 東日本大震災に限らず、災害の事は時間が経つにつれて当事者の方たちを除くと忘れ去られていきかねない。僕たちは当事者の方たちと同じ気持ちを共有できるかと聞かれれば、全く同じは恐らく物理的にも無理だ。それでも、このことは深く心に刻み込むべきだし、後世にも正しく伝える義務はあるように思う。
 この「正しく」というのが実は難しい。やはり、一度は現地に足を運ぶべきなのだろうな。
posted by 坂本竜男 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187257982

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ