2020年03月26日

まだまだイケル

20.3.261.jpg

 昨日の八坂神社の桜は、ソニーRX100M3で撮ったものである。RX100M3はもっぱらロードバイクに乗るときに持ち出すカメラになっているのだが、昨日の写りを見てそのポテンシャルの高さを改めて思い知らされた。
 昨日の写真は全て広角側で撮っているから、絞りはF1.8である。被写体と背景の距離があれば、1インチサイズのセンサーでさらに広角でもここまでボケる。しかもピンがきているところは十分な解像度があり、画質としてもなかなかのレベルだ。こんな写真が撮れてしまうから、稼働率が下がってきてても手放しがたいのだ。
 現行品とはいえ少し古いモデルだからタッチパネルがなくてもしょうがないが、せめて望遠側でもう少し寄れて撮れたら個人的には十分だ。画質に関しては1インチセンサーとしては、すでにかなり高いレベルにあると思う。もっと出番がないともったいないかな。
posted by 坂本竜男 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187312288

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ