2020年04月08日

木村伊兵衛のように

rectangle_large_type_2_2bdf789009f9dac7ed1bb34c93e97307.jpg
写真は木村伊兵衛 写真展より

 写真は機材も大事だが、結局は撮る人の技術と感性だ。そういう意味ではフィルム時代の写真家には、今の写真家以上に学ぶべきところがたくさんある。
 そんなことを考えていると、ふと頭をよぎるのが木村伊兵衛。写真に関わる人なら知らない人はいない、スナップ撮影の神様だ。僕もこんな風に撮れたらと思うが、こればかりは…ね。
 ライカ使いとしても知られる木村伊兵衛を気取って、ルミックスGX8にパナライカ25mm F1.4をつけて…なんて、つい妄想してしまう。
 ……あ、写真は撮る人の技術と感性と言ったばかりなのに、結局は機材の方に…。
 でも、パナライカ25mm F1.4は35mm換算では50mm。レンジファインダータイプのGX8と組み合わせると、木村伊兵衛スタイルのデジタル&パナライカ版と言えなくもない。
 そうなってくると、俄然パナライカ25mmが欲しくなってくるのだった。
posted by 坂本竜男 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187358502

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ