2020年05月22日

壁が足りない

 僕の仕事スペースは、リビング&キッチンと共有スペースの片隅にある。この部屋自体は約20畳あるから、空間としてはそこそこ広い。
 その部屋の東面の壁に手作りの本棚を設置し、その前にパソコン&作業用テーブルを置いている。このテーブル周りが僕の仕事スペースである。
 手作りの本棚は天井ギリギリまであり、幅は2.5mに及ぶ。もちろん、分割式である。収納力には余裕を持たせていたつもりだが、いつの間にかこの棚に収納スペースがほぼなくなってしまった。新たに本棚を作りたいところだが、今度は置き場がない。空間にポンと置くことはできるのだが、それでは邪魔になるし部屋も狭くなる。ようは壁側に置きたいのである。
 だが、その置ける壁がほぼない。部屋は広くなればなるほど、それに対する壁面の面積は狭くなる。だから、部屋の広さに反して収納スペースは取りづらいのだ。
 ではどうしたらいいだろう?新たにパーテーション的なものを設けるべきか、わずかに空いている壁面をなんとか利用するか。
 実は本だけでなく、レコードもほぼ満杯だ。エゴイスタスのバックナンバーもあふれかけている。これらがもう少しスッキリ収納できると、居心地も良くなるし仕事もしやすくなるのだが…。
posted by 坂本竜男 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187517851

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ