2020年05月29日

SUMMILUX 15mm F1.7を導入して

20.5.291.jpg

 ライカ SUMMILUX 15mm F1.7が、思った以上に良い。ネットでのレビューは25mmよりはあっさりめとのことだったが、十分にライカらしい色ノリの良さと解像度の高さを備えている。ボケ味も美しく、そして、色気があるように思う。また、コンパクトなのに高級感のある仕上げで、所有欲を満たしてくれるのも嬉しい。今はGX8につけっぱなしである。
 ライカの単焦点が15mm、25mmと揃い、ライカ標準ズームの標準域でのボケの少なさとレンズの暗さがかなりカバーできるようになった。あとは中望遠の明るい単焦点(具体的にはルミックス42.5mm F1.7あたり)を導入したら、いよいよ6D mark IIの出番はなくなりそうだ。
 いくらセンサーサイズが小さいというハンディがあるとはいえ、マイクロフォーサーズのフラッグシップと最新レンズの組み合わせは、写りの良さも性能もかなり強力だ。正直、一眼レフはいくらフルサイズでも古くさく感じる。AFも不満があるし、大きく重く、失敗のリスクも大きい。持ち出す気持ちが薄れてしまう。確かにフルサイズ一眼ならではの魅力・長所はあるのだが……。
posted by 坂本竜男 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187540711

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ