2020年05月31日

DENON DP-400

sub1-w1280.jpg

 デノンのホームページを見ていたら、DP-300Fの上位モデルであるDP-400がフルオート再生ではないが、オートリフトアップ機能があることに気づいた。
 DP-400はDP-300をベースにしつつも、新開発のスタティックバランスのS字型トーンアームの採用、オートマチック機構を廃したことによるスピンドルのシャフトの独立・筐体の堅牢性のアップ・回転の精度の向上、フォノイコライザの電源回路も見直し、低ノイズFETや、低ノイズタイプのバイポーラ入力オペアンプ搭載、ターンテーブルの回転精度を高める「回転制御機能」を搭載などなど。十分なクォリティアップが図られている。そして、33- 1/3回転、45回転はもちろん、78回転にも対応。SP盤も聴くことが可能だ。
 実売5万円クラスのレコードプレーヤーとしては、音質と利便性を上手くバランスさせたモデルのようだ。レコードプレーヤーとしては比較的新しい製品であることも安心できる材料の一つだ。そして、個人的には回転制御機能もポイントが高い。比較的手頃な価格帯とは思えない充実ぶりだ。
 実際、かなり良さそうではあるが、デザインはオーディオテクニカのAT-LPW50PBの方が好み。でも、もっと言えばレガのほうが…。これを言い出したらキリがないか。
posted by 坂本竜男 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187548797

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ