2020年06月10日

所有しているレコードと向き合おう

 僕の中で、何度目かのアナログブームが来ている。所有するプレーヤーの不調から、次のアナログプレーヤーを探し始めたこと。新型コロナウイルスの影響で、自宅にいる時間が長くなったことがきっかけだ。
 ヤフオクあたりでは手頃な価格で様々なレコードが出品されているから、ついつい物色して気になったレコードをウォッチリストに次々に入れてしまう。
 そのあと、自分のレコード棚を見返してみると、こんなの持ってたっけ?というレコードが少なからずあることに気づく。そして、ヤフオクでウォッチしているレコードも何枚も含まれていたりする。もう、自分が所有するレコードの全てを把握しきれていないのだ。
 そう言えば、すでに我が家には同じタイトルのレコードが複数枚あるものがそこそこある。UK盤とUS盤みたいにプレスが異なるケースもあるが、中にはなぜ2枚持っているのかよくわからないものもある。セットで購入してかぶってしまったのか、所有しているのを忘れて買ったしまったのかのどちらかだろう。
 いくら自分の中でアナログブームが再熱しているからとは言え、自分が所有しているレコードを把握できてないのはいただけない。ちゃんと整理して、ちゃんと向き合おう。そして、聴いてないレコードをどんどん聴いていこう。
posted by 坂本竜男 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187581218

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ