2020年09月13日

ライカ ノクチクロンか、オリンパス プロか

 七工匠35mm F1.2の明るさとボケ味はとても気に入っているのだが、安価なマニュアルレンズということもあって、絞り開放では描写が甘いし、いざというときにマニュアルだと厳しい場合もある。やはり、F1.2クラスのAFレンズが欲しい。
 そうなってくると、中望遠ならライカ ノクチクロンかオリンパス プロ、標準か準広角ならオリンパス プロ一択になる。
 僕が今、一番欲しいレンズは明るい中望遠単焦点。ちょっと前まではルミックス42.5mm F1.7で十分と思っていたが、それより明るいF1.2クラスはボケも大きいが、描写も魅力的だ。当然大きく重く高価にはなるが、それでもフルサイズと比べると小さく軽く安い。しかもボケの量以外は互角以上の画質を誇る。仕事でも大いに活躍しそうだ。
 ではライカ ノクチクロンなのか、それともオリンパスプロなのか。普通に考えたらルミックスユーザーだからノクチクロンで決まりだろう。レンズの外観も描写も色乗りも僕好みだ。しかも、価格もやや安い。だが、そう簡単には決めれないのである。
 オリンパス45mm F1.2 PROは防塵防滴でボケ方が見事である。ライカも良いがオリンパスのにじむようなボケは、フルサイズを思わせるものだ。そして、色乗り。好みはこってりしているライカだが、あっさり目のオリンパスの方が、僕の仕事にはより向いている。とくにポートレートではかなり使いやすいだろう。
 正直なところ、どちらを買っても後悔はしないだろう。それくらい実力はどちらも高いし、所有欲を満たしてくれるものがある。いっそ、両方買ってしまうか……。
posted by 坂本竜男 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187910168

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ