2020年10月30日

ルミックスGX8 + 42.5mm F1.7でぶらぶら

20.10.302.jpg

 我が家で一番身軽になったGX8に42.5mm F1.7をつけて、近所を散策してみた。

20.10.303.jpg

20.10.304.jpg

20.10.305.jpg

 35mm換算85mmの明るい中望遠がとても軽量コンパクトで、しかもかなり寄れる。スナップには難しい画角だが、この特徴を生かすと面白い写真が撮れる。
 写真は全て絞り開放で撮影したもの。フルサイズではF3.4相当のボケなのだが、それ以上にボケが大きく感じるのは撮影最短距離が近いからだろう。これはマイクロフォーサーズならではだ。
 中望遠ならではのボケ味と、絞り開放とは思えない高解像度は、撮っていて気持ちが良い。これをフルサイズで実現しようとしたら、もっと大きく重くなるのは必至。この軽快で高画質な組み合わせは、僕のお気に入りになりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188076265

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ