2020年11月01日

第14回 博多・天神落語まつり

20.1 1.1-1.jpg

20.1 1.1-2.jpg

 今日は昼から、博多・天神落語まつりへ。JR九州ホールでの公演を観に行った。出演者は、三遊亭円楽さん、柳家権太楼さん、笑福亭鶴光さん、瀧川鯉昇さんの4人。見応えのあるメンバーである。
 今回の演題は知っているものが多かったが、噺家が変わると面白さもまた変わる。よく知っている話なのに、オチも良くわかっているのに、やっぱり大笑いしてしまう。これが落語の面白さの一つだろう。特に今回の4人はタイプが全く違うだけに、その面白さの違いも明確。とても見応えのあった2時間だった。
 個人的には瀧川鯉昇さんがツボ。ジワジワ来る面白さがたまらなかった。これは来年も行かなければ!
posted by 坂本竜男 at 16:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188083551

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ