2020年11月26日

初めて、宇奈岐日女神社を訪れる

20.11.269.jpg

 ペンションをチェックアウトした後は、ペンションからクルマで10分弱で着く宇奈岐日女神社へ。

20.11.2610.jpg

20.11.2614.jpg

20.11.2611.jpg

20.11.2612.jpg

20.11.2613.jpg

 宇奈岐日女神社は、かつて湖であった由布院を盆地へと変えた「宇奈岐姫」(うなぎひめ、うなぐひめ)の伝説がある神社だ。ちなみに、古くは湖であった由布院の「鰻」を精霊として祭ったという説もあるそうだ。
 緑と豊富な水に囲まれたこの神社は、にぎやかな由布院の町からは少し南に位置する、静かで荘厳な空気感のある神社だ。明らかに違う空気感を感じる場所で、湯布院の観光名所の一つでもある。僕は何度も湯布院には来ているのに、この神社を訪れるのは初めて。今までこなかったことが悔やまれるくらい、この神社の素晴らしさに感動してしまった。
 ここは観光名所であるだけでなく、地元の人にとっても大事な場所のようだ。やはり由布院のルーツとも言える伝説が伝わる神社だけあって、その存在は特別なものなのだろう。天祖神社から宇奈岐日女神社というのはベタなコースなのかもしれないが、そのベタさにはたまらないものがあるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188161680

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ