2021年01月26日

新しいMacBook Airを触ってきた

 昨日、代車を返却するときに、近くのケーズデンキで新しいMacBook Airを触ってきた。ケーズデンキにMacが置いてあることも知らなかったのだが、思った以上に新しいMacBook Airは好感触だった。
 まず、サイズが小さい!新しくなって13.3インチモデルのにみなったが、僕が使っているものと比べてひと回り小さい。数字的にはそのことは把握していたが、実際に目にすると思っている以上に小さく感じる。それでいてディスプレイの大きさは同じだし、キーボードなどの操作感は損なわれてない。これは良い!!
 モニターはRetinaディスプレイだから、色も綺麗だ。これは僕のMacBook Airとは雲泥の差。色の深みが全く違う。自宅で使うときはThunderbolt Displayにつなげて使うからあまり関係ないが、出張などで使うときは大きな差になる。
 そして、カラー。新しくなって、ボディカラーに通常のシルバーに加え、スペースグレイとゴールドが加わった。最初は無難にシルバーで良いかなと思っていたが、新しいカラーも意外に良かった。ゴールドもヘンに派手ではないところが良かったし、スペースグレイも落ち着いた色で良い。個人的にはスペースグレイに傾いている。
 話題のM1チップの性能は店頭では体感できなかったが、これはおそらく圧倒的に速く、そして快適になっているだろう。あとは、いつ導入するかだな。
posted by 坂本竜男 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188342470

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ