2021年01月27日

ルミックス12-32mmのレンズキャップを変えてみた

21.1.271.jpg

 ルミックスGM1専用ズームと言える12-32mm。フードをつけたらカッコも良いし、レンズガードにもなる。つけっぱなしにしているのだが、そのままでは純正レンズキャップがつかないので、フード径にあわせて58mmの社外製レンズキャップを使っていた。

21.1.272.jpg

 これはこれで悪くないのだが、フードのスリット部分から埃が入る可能性がある。これは精神衛生上良くない。

21.1.273.jpg

 そこで、34mmレンズキャップを新たに購入した。これならピッタリ。埃が入る心配もない。

21.1.274.jpg

 そして、20mm F1.7もフードをつけっぱなしにしているので、フードを純正から買い替え。これも使い勝手が向上して良かった。
 レンズキャップの変更は、地味ではあるがしょっちゅう手にするものなので、意外にその効果は大きい。ささいな使い勝手の向上は、積み重ねると膨大な差になる。こんな小さな変更も大事なことだね。
posted by 坂本竜男 at 11:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188345409

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ